小児歯科

ほんだ歯科クリニックの小児歯科について Pediatric dentistry

当院では、極力、お子さまご自身で治療をうけていただくように努力いたしますが、

もしも急性症状が激しい場合等、迅速に対応しなければならない場合には

しっかり処置をさせていただくようにしておりますので

付き添いの大人の方に、診察室に一緒に入室いただきお手伝いいただく場合もございます。

※よりよい治療をうけていただくためにご協力いただきますようご理解いただきたいと思っております。

治療のポイント point

・子供が治療を受けられるように、親御様にも一緒に診察室に入っていただき、ご協力いただく場合がございます。

・要望に応じて「お子さんの歯の管理の仕方」「離乳食の与え方」「おやつの食べ方」「歯の仕上げ磨き方の指導」等お子さんの正しい歯の育て方・生活指導を衛生士から教わります。

・最終的にお子さんが自分で正しく磨けるようになるよう指導いたします。

診察の流れ frow

01

問診・初診
カウンセリング・検査

お子さんと親御様のご要望をしっかりとお聞きし、口腔内の状態の確認します。

最終的にお子さんが、自分自身で正しい歯みがきをして「虫歯ゼロ」を目標に現状に合うカウンセリングを行います。
口腔内検査・X線撮影検査などを行い、歯の状態を詳細に確認します。

02

検査の報告

お子さんと親御様のご要望と検査の結果に基づき、治療計画をご提案します。

(※急患の場合は、主訴への対応を早急に行います。)

03

治療開始

お子さんと親御様が治療計画に同意次第、直ちに治療を開始します。 

04

口腔内の衛生管理

「虫歯ゼロ」を目標に、予防や管理をお子さんご自身で行えるまでサポートします。

治療項目 Treatment items

小児矯正

早期発見・治療で健康な歯に

子どもはむし歯になりやすいため、とくに早期発見・治療が大切です。大人の歯に比べ柔らかく神経の割合が大きいため、万が一、むし歯になってしまうと進行が早く深刻化しやすいのが特徴です。そのため、積極的に定期検診を行い、治療においては歯を割れにくくするため神経を抜かない方法で治療しています。

よくある質問 Q&A

生えはじめの歯は虫歯になりやすいって本当ですか?
本当です。
歯は生えた後に、唾液に含まれているカルシウムやリン・フッ素などが、歯の表面のエナメル質から溶け込んで、次第に硬くなるのと同時に歯の内部でも変化が起こっています。生えたての歯は、未完成な状態ですので虫歯になりやすいです。
親のむし歯は子供にうつりますか?
むし歯の原因となるミュータンス菌は、お母さんの口から子供にうつることがあります。
お母さんが噛み砕いた食べ物を、子供の口に入れることがありますが、このときお母さんの口の中にミュータンス菌がいると、食べ物を通して子供の口にうつります。
ですから、お母さん自身がきちんとしたケアと歯の治療をこころがけ、ミュータンス菌を低いレベルに保つことが大切です。
子供が寝ている間によく歯ぎしりをするのですが、歯並びが悪くなったりはしないのでしょうか?
子供の歯ぎしりのほとんどは一時的なものです。
生えかわりで複雑に変化するお口の中の状態に、筋肉がまだ順応せずにストレスとしておきていることが多いようです。ただ、あまりにひどいものは、血液の循環を悪化させ、歯周疾患の原因になったり、あごの関節へ負担をかけたりすることがあります。気になるようでしたらお気軽にご相談ください。

費用は症状により異なります。詳しくはお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
Tel.0749-62-0021

〒526-0042 滋賀県長浜市勝町832
営業時間 9:00〜13:00(最終受付12:30)/    15:00~19:00(最終受付18:30)
定休日:木曜午後・日曜・祝日