Staff Blog

2020.01.07

歯のコラムvol3・保険のバネの入れ歯とバネのない入れ歯

入れ歯には「バネのある入れ歯」と「バネのない入れ歯」の2種類があります。

ほんだ歯科クリニックでは、それぞれのメリット・デメリットを掲載していますので参考にしてみてくださいね。
http://honda8148.com/courses/denture/

保険のバネの入れ歯(銀色のバネ)

お求めやすく経済的ですが、バネの全体が見え、
入れ歯を入れていることが分かりやすいです。


~口コミ~

目立ちにくさ:★

つけ心地:★

患者様の意見:経済的でいいけど、目立つのがちょっと・・・

バネのない入れ歯

金属のバネがないため、
見た目が綺麗で入れ歯と気付かれません

自費負担:80,000円(税別)~


~口コミ~

目立ちにくさ:★★★★★

つけ心地:★★★★★

入れ歯だとほとんど気付かれません。つけ心地もいいです。

バネのない入れ歯で、笑顔がステキな生活を!

2019.12.01

歯のコラムvol2・インプラントという選択肢

歯は健康的な生活のために、重要な役割を果たしています。

インプラント治療を行うと、自分の歯を同じような感覚で食事ができたり、自然な笑顔で話すことができます。
歯を失った場合の治療の一つに、インプラントを考えてみませんか?

治療の流れ

01

インプラントの埋入ホール(穴)の形成

02

インプラントを骨内に埋入して、歯肉を被せて縫合します。

03

歯肉を開いてアパットメントをフィクスチャーに連結します。

04

人工歯冠の装着

選択するメリット

  • 自分の歯と同じようによく噛める
  • 見た目も自然で美しい
  • 入れ歯のように取り外しをしなくてよい
  • 隣の歯を削らなくてよい
  • 自信や若さが回復する

インプラントを体の中に埋め込みます。

人工歯をインプラント体の上に装着するため、インプラントとは分かりません。

■インプラント治療費(自費負担)

1本あたり:176,000円(税別)~
http://honda8148.dare-demo.net/courses/implant/

インプラントで、豊かな楽しい人生を!

2019.11.06

歯のコラムvol1・インプラントはどんな素材?

インプラントは怖くない!

自分の歯を失っても、自分の歯のように食べられたり、自然に生活できる画期的な治療法として
【インプラント】があります。

歯に異物を入れるなんて怖い」「入れたら痛そう」など、インプラントに対する怖いイメージを持っている方は多くいます。
インプラントにおける、様々なトラブルが報告されていることも事実です。

そこで、ほんだ歯科クリニックでは、
患者さんが安心してインプラントをご利用いただけるよう、幾度にもカウンセリングを重ね、安全性にも配慮しています。

■インプラントのメリット

  • 自分の歯と同じようによく噛める
  • 見た目も自然で美しい
  • 入れ歯のように取り外しをしなくてよい
  • 隣の歯を削らなくてよい
  • 自信や若さが回復する

インプラントの最大のメリットは、入れ歯を入れなくても、歯の見た目を美しく見せられることです。

■チタンの特徴

・生体親和性がよく、金属アレルギーが出にくい”身体にやさしい素材”

・骨と結合しやすい性質をもつ

チタンを使用したインプラントは、整形外科で骨折の治療などにもよく使われます。

一人ひとりの患者さんの不安に合わせて、治療を進めています。お気軽にご相談ください。

■インプラント治療費(自費負担)

1本あたり:176,000円(税別)~
http://honda8148.com/courses/implant/

2020年も、美しい歯で幸せな生活を!

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ内検索